english

熊本大学工学部マテリアル工学科

固体力学研究室

Solid Mechanics Laboratory

since 2013

目次

 お知らせ
 研究内容
 メンバー
 講義関係
 研究成果
 アクセス


お知らせ:

 2018年4月7日 メンバー等更新しました


研究内容:

身の回りの様々な工業製品は、高機能かつ安全に長く使用できることが望まれています。そのためには、構成部材の力学挙動を高精度に評価・予測する設計手法が必要です。本研究室では、実験的に得られる金属材料の変形挙動と微視組織の関係に基づき、結晶スケールの素過程から巨視的な力学挙動を評価・予測する手法の開発を行っています。

キーワード:
 塑性変形、双晶、結晶塑性解析、有限要素法、材料試験、集合組織
これまでに対象としてきた材料:
 マグネシウム合金、純マグネシウム、ステンレス鋼、マルテンサイト鋼、DP鋼、FeCo合金、チタン合金、etc.

研究内容に関して、お気軽にお問い合わせ下さい。


平成30年度 メンバー:

教員:
 准教授 眞山 剛

学生:
 博士3年 白石 一馬
 学部4年 高山隼太朗
 学部4年 竹中  陸
 学部4年 長友 琢朗

過去の卒論・修論テーマ


担当講義等(平成30年度):

 学部1年生・前期 工学基礎実験
 学部1年生・第3ターム 物理学基礎
 学部2年生・第4ターム 塑性加工学
 学部3年生・前期 マテリアル工学実験・応用編 ~Al-Cu合金の時効~
 学部3年生・後期 マテリアル工学実験・創造編 テーマ
 大学院博士前期課程・第2ターム 連続体力学
 大学院博士後期課程・前期 非線形連続体力学


研究成果

外部リンク(Research Gate)へ

主要論文:
 Y. Kawano, T. Ohashi, T. Mayama, R. Kondou, Crystal Plasticity Analysis of Change in Incompatibility and Activities of Slip Systems in α-phase of Ti alloy under Cyclic Loading, International Journal of Mechanical Sciences Vols.146-147 (2018), pp.475-485.
 D. Kishi, T. Mayama, Y. Mine, K. Takashima, Crystallographic study of plasticity and grain boundary separation in FeCo alloy using small single- and bi-crystalline specimens, Scripta Materialia Vol.142 (2018), pp.1-5.
 Y. Mine, R. Maezono, T. Mayama, J. Wu, Y. L. Chiu, P. Bowen, K. Takashima, Plasticity and crack extension in single-crystalline long-period stacking ordered structures of Mg85Zn6Y9 alloy under micro-bending, Journal of Alloys and Compounds Vol.718 (2017), pp.433-442.
 S. Ogata, T. Mayama, Y. Mine, K. Takashima, Effect of microstructural evolution on deformation behaviour of pre-strained dual-phase steel, Materials Science and Engineering A Vol.689 (2017), pp.353-365.
 K. Kwak, T. Mayama, Y. Mine, K. Takashima, Anisotropy of strength and plasticity in lath martensite steel, Materials Science and Engineering A Vol.674 (2016), pp.104-116.
 K. Shiraishi, T. Mayama, M. Yamasaki, Y. Kawamura, Strain-hardening behavior and microstructure development in polycrystalline as-cast Mg-Zn-Y alloys with LPSO phase subjected to cyclic loading, Materials Science and Engineering A Vol.672 (2016), pp.49-58.
 K. Hagihara, T. Mayama, M. Honnami, M. Yamasaki, H. Izuno, T. Okamoto, T. Ohashi, T. Nakano, Y. Kawamura, Orientation dependence of the deformation kink band formation behavior in Zn single crystal, International Journal of Plasticity Vol.77 (2016), pp.174-191.
 T.Mayama, T.Ohashi, Y.Tadano, K.Hagihara, Crystal plasticity analysis of development of intragranular misorientations due to kinking in HCP single crystals subjected to uniaxial compressive loading, Materials Transactions Vol.56 (2015), pp.963-972.
 M.Tane, T.Mayama, A.Oda, H.Nakajima, Effect of crystallographic texture on mechanical properties in porous magnesium with oriented cylindrical pores, Acta Materialia Vol.84 (2015), pp.80-94.
 H.Kitahara, T.Mayama, K.Okumura, Y.Tadano, M.Tsushida, S.Ando, Anisotropic deformation induced by spherical indentation of pure Mg single crystals, Acta Materialia Vol.78 (2014), pp.290-300.
 T.Mayama, M.Noda, R.Chiba, M. Kuroda, Crystal plasticity analysis of texture development in magnesium alloy during extrusion, International Journal of Plasticity Vol.27 (2011) pp.1916-1935.
 T.Mayama, T.Ohashi, R.Kondou, Geometrically necessary dislocation structure organization in FCC bicrystal subjected to cyclic plasticity, International Journal of Plasticity Vol.25 (2009) pp.2122-2140.
 T.Mayama, K.Aizawa, Y.Tadano, M.Kuroda, Influence of twinning deformation and lattice rotation on strength differential effect in polycrystalline pure magnesium with rolling texture, Computational Materials Science Vol.47 (2009) pp.448-455.
 T.Mayama, K.Sasaki, M.Kuroda, Quantitative evaluations for strain amplitude dependent organization of dislocation structures due to cyclic plasticity in austenitic stainless steel 316L, Acta Materialia Vol.56 (2008) pp.2735-2743.
 T.Mayama, K.Sasaki, H.Ishikawa, A Constitutive Model for Cyclic Viscoplasticity Considering Changes in Subsequent Viscoplastic Deformation due to the Evolution of Dislocation Structures, International Journal of Plasticity Vol.23 (2007) pp.915-930.
 T.Mayama; K.Sasaki, Investigation of subsequent viscoplastic deformation of austenitic stainless steel subjected to cyclic preloading, International Journal of Plasticity Vol.22 (2006) pp.374-390.

解説記事等:
 眞山 剛、マグネシウムを対象とした結晶塑性解析、日本金属学会誌まてりあ 第56巻第8号, pp.484-487 (2017-8).
 河村能人,山崎倫昭,眞山 剛、次世代高強度マグネシウム(Mg)合金の特性発現因子 シンクロ型長周期積層(LPSO)構造に関する研究動向,日本機械学会誌 Vol.117, No.1152 (2014-11) p.758.
 眞山 剛、実験観察と数値解析によるマグネシウムの微視的変形機構解明、塑性と加工(日本塑性加工学会誌) 第51巻第599号, pp.1189-1190 (2010-12).

研究成果に関して、お気軽にお問い合わせ下さい。


アクセス

眞山教員室:
 国際先端科学技術研究拠点施設 4階 研究室2

学生部屋:
 国際先端科学技術研究拠点施設 4階 共同研究実験室1

*国際先端科学技術研究拠点施設 下記リンク先地図の91番の建物です
  黒髪南地区(外部リンク)




トップに戻る