• グループ紹介

    研究室名 機能材料設計学研究室横井グループ
    代表者 横井裕之准教授
    所在地 〒860-8555 熊本市黒髪2-39-1
    地図はこちら
    TEL/FAX TEL:096-342-3727 FAX:096-342-3710
    研究内容

    1.ナノカーボン材料の合成法開発と新物質開発

     カーボンナノチューブなどのナノカーボン材料を簡便かつ高効率に合成するために、液中基板加熱法や液中パルスプラズマ法の開発を行っています。また、新しい合成法開発による新規ナノカーボン物質の創製に取り組んでいます。

    2.単層カーボンナノチューブにおける分子吸着の赤外分光研究

     単層カーボンナノチューブは超高感度ガスセンサー材料としても期待されています。赤外分光技術を用いてガス分子吸着による物性変化を調査して、センサー応用に役立てます。

    3.単層カーボンナノチューブの励起子状態の解明

     励起子とは、物質中で電子と正孔が原子のように結合した状態を指します。一次元物質中の励起子は非常に安定であるため、材料にユニークな光学特性をもたらすと期待されます。単層カーボンナノチューブは理想的な一次元物質であり、非常に強い磁場を用いてその励起子状態の解明に取り組んでいます。

    4.単層カーボンナノチューブ複合材料開発

     カーボンナノチューブは、チューブに沿った機械的強度や電気伝導度、熱伝導度が非常に高い物質である上に、比重が非常に軽いので、複合材料としても大いに期待されています。当グループでは、カーボンナノチューブの異方的な特性を生かすために、磁場による配向技術の開発などを行っています。