・!DOCTYPE html>l Topics

熊本大学 大学院先端科学研究部 物質材料生命工学部門 松田光弘研究室(旧 微細構造解析学研究室:Microstructure Analysis of Materials Research Group)

Topics

お知らせ#2018年度

・2019年03月20日~22日 日本金属学会2019年春期講演大会(場所:東京電機大学東京千住キャンパス)にて研究発表を行いました。

■一般講演:福野直弥,松田光弘,佐藤広崇,御手洗容子:
(題目)トレーニング処理を施したTi-Pd-Zr合金の微細構造解析
■一般講演:田上泰地,坂上拓哉,松田光弘,M.Kerber, T.Waitz:
(題目)マルテンサイト変態を有するZr-Co-Ni合金の強加工に伴う組織変化とアモルファス化の関係
■一般講演:尾中晃生,松田光弘,志田賢二,松田元秀:
(題目)Ti金属板の大気中簡便酸化によって形成したBlack-TiO2
■一般講演:松田光弘,姫野雄太,志田賢二,松田元秀:
(題目)バルク金属から作り出す光エネルギー変換型フレキシブルⅣ族系酸化物半導体の開発

kinzokai2019haru

・2019年03月20日 松田光弘准教授が,第77回日本金属学会功績賞(組織部門)を受賞しました。

■受賞講演:マルテンサイト変態を有するTi基およびZr基合金の微細構造解析と組織制御

・2019年02月28日平成30年度熊本大学工学部マテリアル工学科大謝恩会(場所:ホテル日航)が開催されました。

修了生・卒業生の皆様,御招き頂き心から御礼申し上げます。

shaonkai1shaonkai2

・2019年02月17日-23日オーストリア・Univ. of ViennaのProf. Christian RENTENBERGER先生が熊本大学IROAST事業により,当研究Gに滞在しました。

■第52回IROASTセミナー:(題目)Structural and mechanical properties of rejuvenated metallic glasses

vienna1vienna2

・2019年02月12日-13日マテリアル工学専攻 修士論文試問会が行われました。
・2019年02月18日-19日マテリアル工学科 卒業研究論文発表会が行われました。

■浦内秀平「Ni-Ti-Hf合金マルテンサイト相の内部微視組織に及ぼすHf置換の影響」
■牧山尚平「HfNi基合金マルテンサイトの形態および結晶学」
■山下晃司「強加工を施したTi-Pd-Fe形状記憶合金の相変態と微細構造解析」
■尾中晃生「Ti金属板の大気中簡便酸化によって形成したBlack-TiO2」
■北原慎吾「Zr-Cu-Co合金のマルテンサイト変態挙動に及ぼすCo置換の影響」
■山田裕太「バルク金属から作り出すBlack-ジルコニウム基酸化物の開発」

・2018年12月08日第60回日本顕微鏡学会九州支部集会・学術講演会(場所:熊本大学黒髪南地区キャンパス)にて研究発表を行いました。

■ポスターセッション:田上泰地,松田光弘,M. Kerber, T. Waitz:
(題目)マルテンサイト変態を有するZr-Co-Ni合金の強加工に伴う組織変化
■ポスターセッション:福野直弥,松田光弘,佐藤広崇,御手洗容子:
(題目)Ti-Pd-Zr合金のトレーニング処理に伴う微視組織変化

denkenkyu2018 01denkenkyu201 02

・2018年11月28日-30日 国際会議 ICAST 2018(場所:フィリピン De La Salle University)にて研究発表を行いました。

■Poster presentation:K. Yamashita, M. Matsuda, M. Kerber and T. Waitz:Phase transformations of severely plastically deformed Ti-Pd-Fe alloy with martensitic transformation
■Poster presentation:Y. Shuto, M. Matsuda, K. Onaka, K. Shida and M. Matsuda:Development of TiO2 thin film with a narrow bandgap produced by oxidation of Ti metal

icast2018 01icast2018 02

・2018年11月22日 平成30年度日本セラミックス協会九州支部秋季研究発表会(場所:熊本市国際交流会館)にて研究発表を行いました。

■一般講演:姫野雄太,松田光弘,志田賢二,松田元秀:(題目)金属板の大気中簡便酸化によって形成した導電性Black-ZrO2

seramics

・2018年11月07日-22日 NIMS連携拠点推進制度にて,M1福野直弥君が御手洗容子先生,井誠一郎先生研究室に滞在しました。

2018NIMS_1
2018NIMS_2
2018NIMS_3

・2018年10月24日 第4回九州大学総理工金属系グループ・熊本大学松田グループ合同勉強会(場所:九州大学総理工)を行いました。

(翌日、太宰府天満宮にて皆それぞれの思いで祈願し、九州国立博物館にて“世界の時間旅行”を体感しました。)
2018goudou_1
2018goudou_2
2018goudou_3
2018goudou_4

・2018年09月19日~21日 日本金属学会2018年秋期講演大会(場所:東北大学川内北キャンパス)にて研究発表を行いました。

(「せんだい3.11メモリアル交流館」にも訪れ,東日本大震災を知り学んできました。)

■一般講演:浦内秀平,松田光弘,赤嶺大志,西田稔:
(題目)透過型電子顕微鏡によるNi-Ti-Hf合金マルテンサイト相の微細構造解析
■一般講演:山下晃司,松田光弘,M.Kerber, T.Waitz:
(題目)マルテンサイト変態を有するTi-Pd-Fe合金の加工に伴う組織変化とアモルファス化の関係
■一般講演:久田翔太,松田光弘,赤嶺大志,西田稔:
(題目)等原子比CuZr合金のマルテンサイト変態におよぼす熱サイクルの影響
■一般講演:姫野雄太,松田光弘,志田賢二,松田元秀:(題目)金属Hfの大気中簡便酸化によって形成したBlack-HfO2
■一般講演:松田光弘,姫野雄太,志田賢二,松田元秀:
(題目)Zr金属板の大気中簡便酸化による導電性Black-ZrO2の開発

2018autumn_JIMS_1
2018autumn_JIMS_2
2018autumn_JIMS_3

・2018年09月05日 日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム(場所:名古屋工業大学)にて研究発表を行いました。

(※台風21号により会場に向かえず,御迷惑をお掛け致しました。)

■一般講演:松田光弘,姫野雄太,志田賢二,松田元秀: (題目)金属Zr の大気中簡便酸化によって形成したBlack-ZrO2

・2018年07月17-31日 NIMS連携拠点推進制度にて,M2牧山尚平君が御手洗容子先生,井誠一郎先生研究室に滞在しました。

nims 01nims 02

・2018年06月23日 平成30年度合同学術講演大会(場所:北九州国際会議場)にて研究発表を行いました。

■一般講演:姫野雄太,松田光弘,志田賢二,松田元秀: (題目)金属の酸化による導電性ジルコニアの開発
■ポスターセッション:田上泰地,松田光弘: (題目)B2型HfCo合金の延性と組織に及ぼすPd置換の影響
■ポスターセッション:福野直弥,松田光弘,御手洗容子:
(題目)Ti-Pd-Zr合金の透過型電子顕微鏡法による微細構造解析

kyuusyuusibu_1
kyuusyuusibu_2

・2018年05月29日-31日 日本顕微鏡学会第74回学術講演会(場所:久留米シティプラザ)にて研究発表を行いました。

■ポスター発表:山下晃司,松田光弘,M.Kerber, T.Waitz:(題目)Ti-Pd-Fe合金の強加工に伴う組織変化
■ポスター発表:浦内秀平,松田光弘,西田稔:
(題目)Ni-Ti-Hf合金マルテンサイト相の内部微視組織に及ぼすHf置換の影響
■ポスター発表:姫野雄太, 松田光弘, 志田賢二, 松田元秀:
(題目)金属の酸化による狭バンドギャップのジルコニアの開発
■口頭発表:松田光弘,光原昌寿, 西田稔:(題目)Zr-Co基およびHf-Co基合金マルテンサイト相における長周期積層構造

kenbikyou74_1
kenbikyou74_2
kenbikyou74_3

・2018年05月25日 物質・材料研究機構 御手洗容子先生が当研究室を訪問されました。

mitaraisensei

・2018年05月15-18日 共同研究者 Prof. T.Waitz先生が国際会議 HTSMAs2018: High Temperature Shape Memory Alloys(Irsee, Germany)にて研究発表を行いました。

■T.Waitz, M.Kerber, M.Matsuda:
Ti-Pt high-temperature shape memory alloy subjected to severe plastic deformation

・2018年04月06日 メンバー更新

微細構造解析学研究室も2年目となり,新B4が研究室に配属されました。
総勢12名,どうぞよろしくお願いいたします。

2021年度 

2020年度 

2019年度 

2018年度

2017年度 

PAGE TOP
Copyright © Microstructure Analysis of Materials Research Group All Rights Reserved.