熊本大学工学部マテリアル工学科 / 熊本大学大学院先端科学研究部物質材料科学部門 微細構造解析学研究室 Microstructure Analysis of Materials Research Group

ようこそ、微細構造解析学研究室へ

 物質・材料のさらなる高性能化・高機能化には,原子・ナノスケールでの組織制御が極めて重要となります。本研究室では,透過電子顕微鏡(TEM)によるナノ構造解析を行い,材料の相変態挙動に関する基礎研究に基づき,機能性材料・構造材料の高性能化を図るとともに,新規材料の開発に向けた材料設計指針に関する研究を行っています。

お知らせ

H30年度 マテリアル工学実験・創造編の研究テーマ紹介!NEW
導電性ブラック-ZrO2に関する研究発表を行いました。
NIMS連携拠点推進制度にて,M2牧山尚平君が御手洗容子先生,井誠一郎先生研究室に滞在しました。NEW
平成30年度合同学術講演大会(場所:北九州国際会議場)にて研究発表を行いました。
日本顕微鏡学会第74回学術講演会(場所:久留米シティプラザ)にて研究発表を行いました。
物質・材料研究機構 御手洗容子先生が当研究室を訪問されました。
共同研究者 Prof. T.Waitz先生が国際会議 HTSMAs2018: High Temperature Shape Memory Alloys(Irsee, Germany)にて研究発表を行いました。
メンバー更新
平成29年度熊本大学工学部マテリアル工学科大謝恩会(場所:ホテル日航)が開催されました。
マテリアル工学科 卒業研究論文発表会が行われました。
マテリアル工学専攻 修士論文試問会が行われました。
HfPd合金マルテンサイト変態に関する研究論文発表を行いました。
Univ. of Vienna(ウィーン大学)にて招待講演を行いました。
国際会議 ICAST 2017(場所:台湾 National kaohsiung First University of Science and Technology)にて
研究発表を行いました。
夢化学探検 2017が開催されました。
ホームページを公開しました。
熊本大学-NIMS MANA,構造材料研究拠点MOU調印および締結記念シンポジウムが開催され,研究内容紹介を行いました。
第3回九州大学総理工金属系グループ・熊本大学松田グループ合同勉強会(場所:九州大学総理工)を行いました。
日本金属学会2017年秋期講演大会(場所:北海道大学札幌キャンパス)にて研究発表を行いました。
マルテンサイト変態国際会議ICOMAT2017(場所:Chicago)にて研究発表を行いました。
2017年度・形状記憶合金に関する講習会(場所:京都大学)にて依頼講演を行いました。
平成29年度合同学術講演大会(場所:熊本大学)にて研究発表を行いました。
微細構造解析学研究室としてスタートしました!
オーストリア・Univ. of ViennaのProf. Thomas WAITZ先生がJSPS外国人研究者招へい事業により,当研究Gに滞在しました。
PAGE TOP